MID | 医療機器開発イノベーション人材育成プログラム

MID Medtech Innovators Development Program

Topics

                                                                               


About MID

東京都は、成長著しい医療機器産業において、優れた技術や創造力を有する中小企業の活躍の場を広げるために医工連携による医療機器開発を支援する事業を行っています。その中で医療機器開発イノベーション人材育成プログラム(Medical Innovators Development Program,通称MID)は、イノベーティブな医療機器開発を行う人材を育成するためのプログラムとして位置づけられています。本事業を通じて、医療機器業界における次世代イノベーターの育成とそのネットワークの醸成を目的としています。

Concept

           

医療機器分野でのイノベーションの実現プロセスを網羅的に習得できるプログラム

米国・スタンフォード大学が開発し、日本では一般社団法人ジャパンバイオデザイン協会が推進している「バイオデザインプログラム」と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科による「システムズエンジニアリング+デザイン思考」のエッセンスを組み合わせ、医療機器分野でのイノベーションの実現プロセスを網羅的に習得することが可能なプログラムを提供。

新製品開発や事業化をサポート

           

プログラム参加者による主体的な学習及び臨床現場でのフィールドワークを経験豊富な講師陣がサポート。本プログラムの受講を通じて新製品開発や事業化に向けた可能性を広げる。

Schedule

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
全13回 日程 内容
第1回9月3日(月)開始式・講演・メンター陣によるパネルディスカッション
第2回9月11日(火)レクチャー「バイオデザインのフレームワーク」・ワークショップ
第3回9月22日(土) ワークショップ
第4回9月22日(土) ワークショップ
第5回9月25日(火)レクチャー「フレームワーク整理」・ワークショップ
第6回10月上旬~中旬 フィールドワーク実施
第7回10月23日(火)ワークショップ・フィールドワーク結果分析
第8回11月8日(木)講演・ワークショップ
第9回11月13日(火)講演・ワークショップ
第10回11月20日(火)講演・ワークショップ
第11回12月4日(火) ワークショップ
第12回12月11日(火)ワークショップ・最終発表準備・事業企画メンタリング
第13回1月16日(水) 最終発表会

*実践型ワークショップを基本としており、期間中は課題がございます。最終発表は経営者に向けた新規事業提案を目的とします。期間中は、現業の時間も割くことになりますので、上司や経営者の方とご相談の上ご参加ください。プログラムのために割く時間は、参加者それぞれですが、20%〜30%ほどの時間を使うことで成果につながってくると考えています。
*実施内容についてはプログラムの進捗に応じて若干変更することがございます。予めご了承ください。

     

Lecturers

l_nakao
             

中尾 浩治 氏

ジャパン・バイオデザイン協会 理事

株式会社テルモ前会長。欧米を中心とした在外経験をもとに、世界の医療機器イノベーションの最前線に従事。現在は、医療機器のイノベーション・プログラムを日本の各大学と連携して取り組む。

l_nakao
             

小野 稔 氏

             

東京大学医学系研究科 心臓外科学 教授
(東京大学医学部附属病院 心臓外科 部長)
東京大学医学部附属病院 医工連携部部長

ジャパン・バイオデザイン ステアリングコミッティーメンバー。東京大学医学部、米国オハイオ州オハイオ州立大学心臓胸部外科臨床フェローを経て東京大学医学部附属病院心臓外科で教授を務める。心臓外科の中でも特に重症心不全の治療を専門とし、補助人工心臓、心臓移植を含めた最先端治療を行っている。それらにおいて日本有数の症例数と成績を誇り、国際学会においても高い評価を受ける。東京大学医学部附属病院心臓外科の最先端治療を求め日本全国から集まる患者さんたちのため、日々治療に力を尽くしている。

l_nakao
             

前野 隆司 氏

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授

1984年3月東工大卒 、1986年3月東工大修士課程修了、1993年12月博士(工学)学位取得。1986年4月キヤノン(株)、1990年7月~1992年6月カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、2001年4月~9月ハーバード大学客員教授、2006年4月慶應義塾大学理工学部教授等を経て2011年4月~現職。
研究テーマは、ヒューマンマシンインタフェース、イノベーション教育、感動学、幸福学。著書に、『幸せのメカニズム』、『システム×デザイン思考で世界を変える』、『実践 ポジディブ心理学』、『思考脳力のつくり方』、『幸せの日本論』など多数。

l_nakao
             

前田 祐二郎 氏

ジャパン・バイオデザイン共同ディレクター(東京大学)

東京大学医学部付属病院・口腔顎顔面外科医および救急部・集中治療部にて臨床理療に従事した後、スタンフォード・バイオデザインプログラムGlobal Faculty研修を修了。東京大学医療イノベーションイニシアティブ特任助教。

l_nakao
             

白坂 成功 氏

慶應義塾大学大学院SDM研究科教授

             

東京大学大学院修士課程修了(航空宇宇宙工学)、慶應義塾大学後期博士課程修了(システムエンジニアリング学)。大学院修了後、三菱電機にて15年間、宇宙開発に従事。「こうのとり」などの開発に参画。技術・社会融合システムのイノベーション創出方法論などの研究に取り組む。2017年より慶應義塾大学大学院SDM研究科教授、2015年12月より内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)プログラムマネージャー。

Participating companies

  • Contact

           

    MIDプログラムに参加を希望する企業は下記からお申込ください。
    折り返し、参加申込書一式をお送り致します。